あこがれのホテルマン・ホテルウーマン!その厳しい現実とは? - ネット副業革命!初心者から学べる稼げる在宅ビジネス成功法

あこがれのホテルマン・ホテルウーマン!その厳しい現実とは?

お客さまと直に接することができて、
ダイレクトに反応がもらえる

ホテルマンホテルウーマン

のお仕事。

ドラマなどでも取り上げられ、
志望が多いお仕事のひとつです。

concierge.jpg

「外国人スターをおもてなしできる!」

とあこがれる人もいるようです。


ホテルマン・ホテルウーマンの仕事とは



お客さまがホテルに滞在中、
快適に過ごせるよう、

あらゆる面からキメ細かなサービス
を提供します。

お仕事の内容としては・・・

・接客部門

チェックイン、チェックアウトの
手続きをするフロント係

玄関でお客さまを出迎える
ドア係

お客さまをお部屋までご案内する
ベルパーソン

荷物などを預かるクローク係など


・営業、事務部門

ホテルの色々なサービス(結婚式、
各種パーティ、イベントなど)

を提案する営業企画担当。

PRをする広報担当。

会場をプロデュースする
コーディネーター。

経理、人事、総務などの
一般事務の担当など。


ホテルマン・ホテルウーマンの働き方



ホテルは24時間営業なので、
シフト制になっていて、

担当によっては深夜勤務もあります。

そのため労働時間や休日は
不規則になりがち。

実際、ホテルマンホテルウーマン
として働いている方にお聞きすると、

一言で言って「体力勝負」

大変だけれど、やりがいがある。
という意見が多いようです。

大変な仕事を乗り越えた者どうし、
結束が固くなって、

同僚とはとても仲が良く、

いろんな意味で学べることが
たくさんあった、という方も。


ホテルマン・ホテルウーマンの悩み



立ち仕事ですし、仕事自体が
朝早くから夜遅くまであるので

サービス残業も多くなりがち。

休日が平日なのも、若いころには
うれしいのですが、

子供ができると休日が合わないのは
つらいです。

授業参観も土日が多いので
行けません。

盆暮れ正月のような繁忙期は、
朝6時〜夜11時過ぎまで、

休み時間は食事かトイレ位で
何日かぶっ通しで働くことも。

夜勤ではほとんど眠れない
といいます。


ホテルマン・ホテルウーマンの現実



やりがいのあるお仕事ですが、
離職率は、

なんと全業界のうちダントツの
58.2%

その大変さが数字となって表れて
いるようです。

若いころは、気力と体力で
乗り切れるかもしれませんが、

年とともに厳しさが増していく
のではないでしょうか。

家族の手前、辞めたくても
辞められない・・・

そんな方もおられるかもしれません。

あなたは、いかがですか?

そんな悩みをお持ちのあなたを、
次のステージへご案内します。

1日2時間コツコツ続ける!将来も安心の副業!

ここは記事下のフリースペースです